着ぐるみみたいなベビー服をプレゼントしたこと

うさぎ、白熊、かえるの着ぐるみみたいなベビー服をプレゼントしたとき、友人は一目見てその意味を理解してくれて、本当に嬉しかったです。それは、友人が三つ子の赤ちゃんを妊娠したときに贈ったプレゼントでした。友人とは大学の同級生で、いつも一緒にキャンパス生活を送っていました。しかし、大学の在学中にお付き合いしていた男性との赤ちゃんを授かり、大学を辞めてお母さんになる道を選んだのでした。そんな友人がお腹の中に授かったのは、3つの命だったのです。妊娠したというだけでも驚いたのに、これには開いた口が塞がりませんでした。しかしそれは、本当に嬉しいことでした。そうして私は、そんな友人にお祝いのプレゼントを贈ることにしたのでした。本来なら、出産祝いというものかもしれませんが、あまりにも嬉しかった私は、まだ出産していないにも関わらず、そのプレゼントを贈ってしまったのです。しかし友人は、とても喜んでくれました。

プレゼントに選んだのは、着ぐるみみたいなベビー服でした。それも、ピンク色のうさぎ、白色の熊、黄緑色のかえるを選びました。これは、あるものをイメージして購入したものでした。それは、三色団子です。和菓子の三色団子は、上からピンク色、白色、黄緑色に並んで串に刺さっています。私は三つ子の赤ちゃんと聞いたとき、3つあるものと考えると、この三食団子しか思い浮かばなかったのでした。そうして私は、この3色の入った着ぐるみみたいなベビー服を贈ることに決めたのです。私はこれを購入したとき、友人がこの意味を理解してくれるのか、少しばかり不安でいました。しかし友人は、一目見ただけで気がついてくれて、それに大笑いをしてくれたのでした。まだ赤ちゃんを出産していないため、着せることはできないものの、この3つの着ぐるみみたいなベビー服を着て、並んで寝かせる姿を想像すると、可愛くもあり可笑しくもあり、早く見てみたいものでした。

友人はこの3つの着ぐるみみたいなベビー服が入った箱を大事に抱きしめ、「ありがとう」と言ってくれました。私はこの言葉に「元気な赤ちゃんを生んでね」と返しました。そうして友人は今、出産に向けてのラストスパートの時期に来ているところです。予定日まであと1ヶ月に迫り、いつ出産を迎えてもおかしくない状態だと言っていました。楽しみである半面、初めての出産に不安も多い友人でしたが、私は新しい命と、友人の笑顔を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*